魅力向上のエステの中でもネイルサロンは必須、ネイルで女子力UP

LOVE ATTACK

エステ

esute

エステとは、エステティックサロンの略で、美容のための施設のことをさします。
美容のための施設とは、脱毛、痩身、フェイシャルを中心とした容姿を整えることに適した環境のことをいいます。

エステの正式名である、エステティークとは美学、審美眼、全身美容という意味をもっています。
エステには、ブライダル、メンズ、インド、バリ、韓国といった状況や環境によって施術内容が変化するため、行う状況によって環境選択の幅を広げることができるものです。

歴史

エステとは、現在では日常の中で耳にする言葉となりました。
じつはエステの始まりは、明治時代の美顔術という女性向けのフェイシャルケアであるといわれているのです。

昔から女性の美に対する意識は高く、1970年代には国民の金銭的な余裕が生まれたことにより、エステが盛んになりました。
もともとフェイシャルのみで行われていたのですが、全身のマッサージや脱毛といった、今の時代に必要不可欠とされている施術が取り入れられるようになったのです。

エステティックという言葉は、リラクゼーションとエステがミックスしたと言われています。
美容とは、日常の中で感じているストレスをきちんと解消し、心身ともに健康でなければいけないと言われていて、リラクゼーションを取り入れることでより効果を期待することができるのです。

定番

teiban

エステの中でも、定番とされているものが脱毛というメニューです。
脱毛とは、大きくわけて3種類の方法があり、電気脱毛、ワックス脱毛、レーザー脱毛からなります。

電気脱毛の中にも更に3種類の方法があり、電気分解法、高周波法、ブレンド法からなります。
電気分解法は、毛穴ひとつずつに針を刺して、毛根と毛乳頭に直流の弱い電気を流す方法です。
高周波法は、毛根と毛乳頭に高周波の電気を流す方法で、ブレンド法は直流と高周波を同時に通電させる方法があります。
流す電気によって、痛みや効果の違いに差が出るといわれています。

ワックス脱毛は、脱毛ワックスを使用し、毛を取り除くという方法で市販でも用品が販売されていることから自宅でも行いやすい方法です。

人気のレーザー脱毛は、レーザーを毛にあて毛乳頭を破壊する方法で、短時間での施術が叶うというメリットが備わっています。
エステの中で、最も活用頻度が高いと言われている脱毛の中にも更に豊富な選択肢があり、皮膚の状態や体質に応じて適した方法を有効活用していくことが美容を充実させることに繋がります。

TOP

新着情報

2013/10/15
ネイルサロンを更新しました
2013/10/15
ネイルを更新しました
2014/01/30
ジェルネイルを更新しました
2014/01/30
スカルプチュアを更新しました
2014/02/17
ネイルチップを更新しました